So-net無料ブログ作成

錦織圭に松岡修造が喝!! [スポーツ]

スポンサーリンク




全豪オープン準々決勝

錦織圭VSスタニスラス・ワウリンカ

 3―6、4―6、6―7

3-1で錦織のストレート負けでした。

今日は前回のフェレール戦とは打って変わって錦織らしさが出せなかった。

逆に言えばワウリンカが錦織らしさを封じたともいえる。

松岡氏は

「圭のテニスが全然できていない」

「(錦織の)一番の武器は読み。誰よりも感性が鋭いのに、全部逆、逆に行くし、

いつもより動きが一歩遅い」

これではさすがに勝てませんね。

相手は錦織よりランキングが上の選手なんですから。

テニスはメンタルのスポーツですから、今回は錦織の気持ちがうまく乗らなかったのでしょう。

まず、ファーストサーブの確率が悪かった。

ワウリンカの強力なサーブ、ストロークに圧倒され、主導権を握ることができなかった。

錦織は

 「最初は感触がよくなかったのに打ち急いだ。左右に散らすこともできず、

どうしたらいいのか、なかなか見えてこなかった」と振り返った。

第3セットの第2ゲームでこの試合初めてワウリンカのサービスゲームをブレークしたが、

直後にブレークバックを許した。タイブレークでは6―6からドロップショットをミス。

錦織はこのミスを悔やんでいた。

「正直あれが一番悔やしい。もし取っていたら自分の中でも少し変われた可能性はあった」

と言っている。

今回の敗戦は今後のグランドスラム大会に向けた良い経験になったと思う。

松岡氏も「1―6から挽回したことは凄い」と第3セット土壇場のタイブレークでの粘りを認めながらも、

「タフなメンタルが絶対的に必要だと痛感した」と課題を指摘。

それでも「ここまでの選手かというと、そうではない。

グランドスラムで学ぶものは大きかった」と言っている。

最後に「圭、凄く頑張ったっていうのだけ伝えさせてください。

勝手に言ってすみませんでしたっ!!」

と松岡氏らしいお言葉。

錦織選手は今後の大会での活躍を期待しています。


折角なので全米で勝った試合をどうぞ

http://youtu.be/KPKevl787qU



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

m